占星術・予言など 整体・ヨガ・瞑想

アムリタムシュッディでインド占星術のスカイプコンサルを受けました

  1. HOME >
  2. 占星術・予言など >

アムリタムシュッディでインド占星術のスカイプコンサルを受けました

ひとつ前の記事で、タンマイゴースワミの占星術とアーユルヴェーダのカウンセリングを受けた記事を書きました。

その時に処方されたハーブをとってみて、また1か月後スカイプにて再診をという話になっていました。(ゴースワミはインドに帰っているので)

今回自分のことだけでなく奥さんのことも聞いてみたかったので、あわせてスカイプコンサルをお願いしてみることにしました。

まずはインドと日本で日程調整するのですが、インドのことをある程度知っているとわかると思うのですが、インドの方とやり取りして色々決めるのはとても大変なことなんです。

というのも日本の感覚とは違うので、結構頻繁に予定が変わっていきます。

今回も幾日か予定が変更になりましたが、アムリタムシュッディの代表であるアルチャヤティさとみさんが尽力くださって何とかまとまりました。

今回はアムリタムシュッディの代表であるアルチャヤティさとみさんにスポットを当てながら記事を書いてみたいと思います。

 

インド占星術の実際の鑑定手順について

インド占星術では一般の西洋占星術と同様に誕生日が必要です。

さらにこれからインド占星術では正確な生まれた時間と場所のデータが必要となってきます。

これらのデータをもとに生まれた時の惑星の配置図を作っていきます。

配置図自体は見た目は簡素で12の部屋(12星座)と九つの惑星(水星~土星+ラーフ、ケートゥ)で形成されています。

しかしこの後の奥が深く、達人になるほど深遠なデータを読み込んでいきます。

また同時に、タンマイゴースワミはこのチャートだけではなく、プラシュナというその瞬間の出来事を使ってさらに読むこともできるようです。

これらのデータを用意するのがまずインド占星術の第1段階です。

特に出生時間については母子手帳がないなどのことが多く時間の特定が難しく、インド占星術鑑定への障壁を上げている可能性があります。

出来事から生まれた時間を逆算する方法もあるのですが、なかなかこれは熟達者でないとできないもののようです。

一方出生地については最近はインターネットのおかげで場所さえ分かれば、緯度経度はすぐに調べることができます。

これらのデータが分かったらまずは、アルチャヤティさとみさんに先にデータを伝えておきます。

これで準備完了です。

 

ゴースワミとのスカイプコンサルについて

それで実際のコンサルについてですが、前回のように対面ではないのでスカイプを使ってインドと日本でグループチャットという機能を使ってコンサルテーションを進めていきます。

おそらく大半の方はスカイプのことはご存知であろうと思いますが、インターネット回線を使った無料のテレビ電話のようなものです。

使うにあたって、まずこちらもアルチャヤティさとみさんと(以下さとみさんと略す)スカイプのIDを交換して連絡先リストに登録の上、テスト送受信をしておきました。

ゴースワミは英語で話されるのですが、この英語を通訳してくださるのがさとみさんです。

またさとみさんはアーユルヴェーダや占星術の専門用語などもわかりやすく説明してくださるので、英語ができない方でも安心してコンサルタントを受けることができます。

英語ができる方でも専門的知識についてはさとみさんに聞かないとわからないので、このコンサルには欠かせない方です。

またこちらの意図を上手にくみ取ってゴースワミに伝えてくださるのでとても信頼してコンサルを進めていくことができます。

 

ここで一つ気になったのは実際のスカイプコンサルではインターネット回線の問題などにより音声が途切れることなどがあり、やはり対面鑑定に比べるとクリア感は若干落ちます。

また自宅にひいているインターネット回線が夜になると激遅になるのでこれもちょっと場合によっては話が途切れやすくなってしまいます。

しかしインドまで行かなくても話すことができるので、これはこれで良しとしましょう。

ただ、またゴースワミが来日するようなことがあればぜひ対面鑑定をおススメします。

自分がアナログなところがあるのか、やはり顔と顔をあわせて話していく方がなんかしっくりきます。

とはいえ、内容的には対面に劣ることなくしっかりとコンサルしてくれます。

なによりやはり、さとみさんのサポートがしっかりしています。

インド人はなかなか手ごわい方が多いのですが、さとみさんはそういうインド人に対してもはっきりと主張をしてくださるのでとても頼りになります。

しかしゴースワミ、多分私のことは忘れていたっぽい感じですね(笑)

まあ毎日大変な数の人たちと会っているのだろうから、全員を把握しておくのは誰でも難しいでしょう。

これはご愛嬌ということで。

実際の内容についてはこれまた申し訳ないのですが、非常に個人的な事柄になりますので割愛させていただきます。

が、一番感じたことはこのゴースワミはとにかくネガティブなことよりも相手が勇気や元気を取り戻せるような発言を心がけてているという点がとても印象に残りました。

星から良いことも悪いことも読み取ることはできるのですが、相手をむやみに恐れさせたり、心配にさせたりするようなことは言いません。

このあたりがやはり医師である故かとも感じました。

人を治したり勇気づけるのが我々の何を置いてでもの役割であるといわれていました。

ですので本当に安心して、コンサルタントを受けることができます。

 

実は占星術から読み取ってもっと詳しくいろんな情報を伝えてくださるインド占星術師も知っているのですが、こちらでは良いことも悪いこともすべてお話しなさります。

どちらの占星術師も本当に素晴らしい能力の持ち主で尊敬に値するのですが、同じインド占星術師でもやはり大きくタイプが違うのだなあと感じました。

ゴースワミの場合は前回も書きましたが、医学的なアプローチから現在の心身の体調不良の改善策をご提案してくださることが一番の違いでしょう。

そして先ほど書いたように、医師として患者を励まし、元気づけることを信条とされていることがとても素晴らしいと思います。

そしてこれを上手に橋渡ししてくださるのがアルチャヤティさとみさんです。

さとみさん自身がご自身でいろいろなつらい体験をなさっているので本当に親身になって相談に乗ってくださいます。

人間的に本当に信用できる方です。

若干関西のノリを感じる部分が広島人の自分にはありますが、それでも本当に人情味のある素晴らしい方です。

結局はさとみさんがいるから本当に信頼して依頼することができるのだろうと思います。

あ、ちなみにアルチャヤティの部分は芸名?だそうです。

 

アーユルヴェーダについて

アーユルヴェーダについては本当に基本的なことしか知らないので、今現在は詳しく効能などについては説明できないのですが、やはり自然なものなので安心して使うことができます。

日本の医者で処方される睡眠剤や抗不安剤などはとても効くのですが、薬が切れた後の反動を感じます。

もちろんこれらの西洋医学の薬も素晴らしいものですが、続けて使うにはちょっと怖いのです。自分には。

少し時間をかけてでも体に優しい方法でと、心身症的な不安定さをお持ちの方はアルチャヤティさとみさんに一度ご相談されてみてもいいのかもしれません。

きっとご自身の体験を踏まえた親身になったアドバイスを頂けるのではないかと思います。

代替療法のひとつとしてこれからアーユルヴェーダももっと認知されてくるかもしれませんね。

ぜひアムリタムシュッディがそのような役割を担うことを期待しています!

Facebookで「アムリタムシュッディ」、もしくは「アルチャヤティさとみ」と検索すると出てきますのでフェイスブックをされている方はぜひのぞいてみてくださいね。

-占星術・予言など, 整体・ヨガ・瞑想

© 2020 心と体の健康を維持するために